1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】

    【第8回】人の「格」をあぶりだす夏服  羅の二人がひらりひらり歩す  星野立子 盛夏の景である。「ひらりひらり」は「羅」そのものとも、それを着ている女二人の歩き方とも解せる。ポイントは「二人」で…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売
  2. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】
  3. 人のかほ描かれてゐたる巣箱かな 藤原暢子【季語=巣箱(春)】 
  4. 尺蠖の己れの宙を疑はず 飯島晴子【季語=尺蠖(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ

Pickup記事

  1. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第27回】熊本・江津湖と中村汀女
  3. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢
  4. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】
  5. 買はでもの朝顔市も欠かされず 篠塚しげる【季語=朝顔市(夏)】
PAGE TOP