綿入

  1. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】

    綿入が似合う淋しいけど似合う)大庭紫逢 皆さんは意外なものを似合うと言われたこと、ありませんか。 たとえばそれは動作であったり、身に纏うものであったり、あるいはふとしたときの言葉であったり……。「似…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第9回】今井麦
  2. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】
  3. 【春の季語】春節
  4. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】
  5. 他人とは自分のひとり残る雪 杉浦圭祐【季語=残る雪(春)】

Pickup記事

  1. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇
  3. 【冬の季語】冬銀河
  4. おでん屋の酒のよしあし言ひたもな 山口誓子【季語=おでん(冬)】
  5. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】
PAGE TOP