老いる

  1. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】

    星老いる日の大蛤を生みぬ)三枝桂子)「ネガティヴ・ケイパビリティNegative capability」とは、英国ロマン派の夭折詩人ジョン・キーツが弟宛に送った手紙の一節にある言葉で、一般に「消極的…

  2. みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房【季語=萩(秋)】

    みちのくに生まれて老いて萩を愛づ佐藤鬼房(『幻夢』2004年)…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】吾亦紅
  2. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  3. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
  4. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  5. 紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子【季語=紅梅(春)】

Pickup記事

  1. ポテサラの美味い雀荘大晦日 北大路翼【季語=大晦日(冬)】
  2. 誕生日の切符も自動改札に飲まれる 岡田幸生
  3. 【書評】茨木和生 第14句集『潤』(邑書林、2018年)
  4. 【オンライン勉強会のご案内】「東北の先人の俳句を読もう」
  5. にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子【季語=にんじん(冬)】
PAGE TOP