1. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】

    でで虫の繰り出す肉に後れをとる)飯島晴子) この句は昭和五九年の作で、晴子は六三歳。『八頭』に収められている。 最初にこの句を読んだとき、「でで虫の繰り出す肉」というフレーズにどきどきした。…

  2. でで虫の繰り出す肉に遅れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】

    でで虫の繰り出す肉に遅れをとる飯島晴子飯島晴子はいつも吟行…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第93回】井上弘美
  2. 【春の季語】春塵
  3. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】
  4. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】
  5. 【夏の季語】梅雨明

Pickup記事

  1. 【新年の季語】初夢
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し
  3. 【春の季語】啓蟄
  4. 口中のくらきおもひの更衣 飯島晴子【季語=更衣(夏)】
  5. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
PAGE TOP