1. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】

    ひめはじめ昔男に腰の物加藤郁乎(『江戸桜』)〈ひめはじめ〉とは、1月2日の行事。新年になって初めて男女が愛し合うことと認識されている。歳時記の表記は「ひめ始」。「ひめ始」には諸説あり、正月に軟らかく…

おすすめ記事

  1. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
  2. 【冬の季語】梅早し
  3. 夕飯よけふは昼寝をせぬままに 木村定生【季語=昼寝(夏)】
  4. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 
  5. へたな字で書く瀞芋を農家売る 阿波野青畝【季語=山芋(秋)】

Pickup記事

  1. ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子【季語=野菊(秋)】
  2. コンゲツノハイク(結社推薦句)【5月31日締切】
  3. 糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】
  4. 小鳥屋の前の小川の寒雀 鈴木鷹夫【季語=寒雀(冬)】
  5. 数と俳句(二)/小滝肇
PAGE TOP