花の影

  1. 花の影寝まじ未来が恐しき 小林一茶【季語=花の影(春)】

    花の影寝まじ未来が恐しき小林一茶(句帖写 文政10年)教科書風に訳せば、「桜の花の下では寝るまいよ。未だ来たらぬものを思うと恐ろしいのだ。」というくらいか。「未来が恐しき」という措辞にインパクトがあ…

おすすめ記事

  1. オリヲンの真下春立つ雪の宿 前田普羅【季語=春立つ(春)】
  2. 1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
  3. さくら貝黙うつくしく恋しあふ 仙田洋子【季語=さくら貝(春)】
  4. 大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太【季語=大年(冬)】
  5. 春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一【季語=春の夜(春)】

Pickup記事

  1. 恋ふたつ レモンはうまく切れません 松本恭子【季語=レモン(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香
  3. 南浦和のダリヤを仮のあはれとす 摂津幸彦【季語=ダリヤ(夏)】
  4. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】
  5. 【春の季語】白梅
PAGE TOP