茨木和生

  1. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】

    ワイシャツに付けり蝗の分泌液茨木和生うわっ。思わず自分の着ているものの前をはたきたくなる。何しろ”分泌液“である。ブ・ン・ピ・ツ・エ・キ。余りにも直截で、その字面といい、語感といい、およそ詩語から遠…

  2. 【書評】茨木和生 第14句集『潤』(邑書林、2018年)

    微かなる日差と生きる:茨木和生 第14句集『潤』(邑書林、2018年)【「雉」には…

おすすめ記事

  1. 人の世に雪降る音の加はりし 伊藤玉枝【季語=雪(冬)】
  2. ピーマンの中の空気は忘れもの 能村研三【季語=ピーマン(夏)】
  3. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第49回】岸本尚毅
  5. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】

Pickup記事

  1. 気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子【季語=蕪(冬)】
  2. 大風の春葱畠真直来よ 飯島晴子【季語=春葱(春)】
  3. ピザーラの届かぬ地域だけ吹雪く かくた【季語=吹雪(冬)】
  4. 【冬の季語】短日
  5. 二十世紀なり列国に御慶申す也 尾崎紅葉【季語=御慶(新年)】
PAGE TOP