1. 樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ 日野草城【季語=梅雨入(夏)】

    樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ日野草城何かを無性に抱きしめたくなって抱き枕を購入したことがある。「こうしたい!」がそこまで膨らんだことはなかったので自分でも不思議な気持ちで買いに行ったのだが、その…

  2. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】

    日が照つて厩出し前の草のいろ鷲谷七菜子この文章がアップされ…

おすすめ記事

  1. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  2. 【春の季語】葱の花
  3. へうたんも髭の男もわれのもの 岩永佐保【季語=瓢箪(秋)】
  4. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦
  5. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火

Pickup記事

  1. 【新年の季語】どんど焼
  2. 東京に居るとの噂冴え返る 佐藤漾人【季語=冴え返る(春)】
  3. 【冬の季語】嚏(嚔)
  4. 冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】
  5. 【新年の季語】松納
PAGE TOP