1. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】

    菊食うて夜といふなめらかな川飯田晴先週、句集の手触りの話をしたけれど、もちろんどの句集にも手触りはあります。もっと踏み込むと、読み心地ともいえるかもしれません。編年体か、作者の思い入れのある…

  2. どつさりと菊着せられて切腹す 仙田洋子【季語=菊(秋)】

    どつさりと菊着せられて切腹す)仙田洋子秋の花で一番に思い浮…

  3. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】

    横ざまに高き空より菊の虻歌原蒼苔うたはら・そうたいまさとし))…

  4. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸崖菊、菊畑

    【秋の季語=晩秋(10月)】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸崖菊、菊畑…

  5. 渚にて金澤のこと菊のこと 田中裕明

    渚にて金澤のこと菊のこと田中裕明嵐の去った翌日、海を見に行…

  6. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】

おすすめ記事

  1. 春一番競馬新聞空を行く 水原春郎【季語=春一番(春)】
  2. 妹は滝の扉を恣 小山玄紀【季語=滝(夏)】
  3. こんな本が出た【2021年1月刊行分】
  4. あり余る有給休暇鳥の恋 広渡敬雄【季語=鳥の恋(春)】
  5. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】

Pickup記事

  1. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】
  2. ふんだんに星糞浴びて秋津島 谷口智行【季語=星糞(秋)】
  3. ジェラートを売る青年の空腹よ 安里琉太【季語=ジェラート(夏)】
  4. 冬の水突つつく指を映しけり 千葉皓史【季語=冬の水(冬)】
  5. 【書評】柏柳明子 第2句集『柔き棘』(紅書房、2020年)
PAGE TOP