蕎麦

  1. 蕎麦碾くや月山はうつすらと雪 佐藤郁良【季語=雪(冬)】 

    蕎麦碾くや月山はうつすらと雪)(佐藤郁良(NHK俳句王国がゆく・山形県村山市)今日は、自身の原点であり、転換点になった時の話をしたい。それは今から7年ほど前2016年11月の「俳句王国がゆく」の収録…

  2. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】

    駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風大牧広(『大牧広全句集』ふらんす堂)…

おすすめ記事

  1. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第37回】朽木直
  3. かいつぶり離ればなれはいい関係 山﨑十生【季語=鳰(冬)】
  4. 【春の季語】うらら
  5. 色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】

Pickup記事

  1. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第3回】葛飾と岡本眸
  3. 猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流【季語=亀鳴く(春)】
  4. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第70回】唐沢静男
PAGE TOP