藤井あかり

  1. もの書けば余白の生まれ秋隣 藤井あかり【季語=秋隣(夏)】

    もの書けば余白の生まれ秋隣藤井あかり(『封緘』)日本人独特の美意識に「余白」というものがある、という紋切り型のものいいがある。そう言われるとなんかわかったような気になるやつで、絵画や書道などではよく…

  2. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】

    人悼む時のみぞおち青嵐藤井あかり火葬場を出ると、瑞々しい木…

おすすめ記事

  1. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】
  2. 妻のみ恋し紅き蟹などを歎かめや 中村草田男【季語=蟹(夏)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第4回】仙台と芝不器男
  4. 【春の季語】初蝶
  5. 【春の季語】雛飾(雛飾り)

Pickup記事

  1. 【新年の季語】初厨
  2. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 
  3. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】
  4. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  5. ふんだんに星糞浴びて秋津島 谷口智行【季語=星糞(秋)】
PAGE TOP