蜚蠊

  1. 【夏の季語】ごきぶり

    【夏の季語=三夏(5月〜7月)】ごきぶり生きた化石の一つである昆虫。人家に侵入する。江戸時代は(その油ぎったような見ためから)「油虫」と呼ばれていた。また、「御器噛」と呼ばれることもあった。「ごきぶ…

おすすめ記事

  1. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第5回】月野ぽぽな
  3. 【冬の季語】蒲団(布団)
  4. 【秋の季語】星月夜
  5. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】

Pickup記事

  1. 紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子【季語=紅梅(春)】
  2. 【祝1周年】ハイクノミカタ season1 【2020.10-2021.9】
  3. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)
  4. 【春の季語】春灯
  5. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
PAGE TOP