1. この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】

    この人のうしろおびただしき螢)飯島晴子 こう言いながらも、蛍は一匹だに見えていないのだと思われる。夥しい数の蛍が「この人」のうしろに完全に密封されているような緊張感が、掲句にはある。 掲句の…

  2. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】

    螢とび疑ひぶかき親の箸)飯島晴子 初めて晴子の句集を読んだ…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第119回】木戸敦子
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#5
  3. 春日差す俳句ポストに南京錠 本多遊子【季語=春日(春)】
  4. 枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮【季語=枇杷の花(冬)】
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第15回】

Pickup記事

  1. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美
  3. 木の葉髪あはれゲーリークーパーも 京極杞陽【季語=木の葉髪(冬)】
  4. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】
  5. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】
PAGE TOP