蟋蟀

  1. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】

    こほろぎや女の髪の闇あたたか竹岡一郎(『蜂の巣マシンガン』)立冬を過ぎて最初の月曜日だが、東京は暖かい日が続いており、虫の音も復活し、関西では金木犀が匂っているとのこと。鈍感な私は、冬を納得出来ず、…

おすすめ記事

  1. 春星や言葉の棘はぬけがたし 野見山朱鳥【季語=春星(春)】
  2. 朝顔の数なんとなく増えてゐる 相沢文子【季語=朝顔(秋)】
  3. 服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロース(冬)】
  4. 【夏の季語】額の花
  5. 【冬の季語】冬日和

Pickup記事

  1. しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫【季語=しばれる(冬)】
  2. 【夏の季語】夏館
  3. 【冬の季語】大晦日
  4. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月20日配信分】
PAGE TOP