裂ける

  1. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】

    つはの葉につもりし雪の裂けてあり加賀谷凡秋(かがや・ぼんしゅう))本格的に日や風のにおい、朝の空の色が冬らしくなって、野菜も味が乗ってきて、ラグビーは佳境に。本当に寒さが訪れる前の東京の、このころは…

  2. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉

    野の落暉八方へ裂け 戰爭か楠本憲吉(『隱花植物』)空から降…

おすすめ記事

  1. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】
  2. 【新連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第1回】
  3. 季すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎【季語=西瓜(秋)】
  4. 【第22回】新しい短歌をさがして/服部崇
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】

Pickup記事

  1. 【新年の季語】正月
  2. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  3. 【新年の季語】門の松
  4. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)】
  5. 【春の季語】春雨
PAGE TOP