西村和子

  1. 初旅の富士より伊吹たのもしき 西村和子【季語=初旅(新年)】

    初旅の富士より伊吹たのもしき西村和子新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。今年も早いもので、もう五日目になったのだが、元旦から驚きのニュースが続き、淑気を感じさせない年始…

  2. 毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己【季語=毛糸玉(冬)】

    毛糸玉秘密を芯に巻かれけり小澤克己(『小澤克己句集』) 〈…

  3. 馴染むとは好きになること味噌雑煮 西村和子【季語=雑煮(新年)】

    馴染むとは好きになること味噌雑煮西村和子(『かりそめならず』)…

  4. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】

    衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子西村和子の第8句集『わが桜…

  5. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】

    天高し男をおいてゆく女 山口昭男「天高し」という季語は、も…

おすすめ記事

  1. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(秋)】
  2. 恋人はめんどうな人さくらんぼ 畑耕一【季語=さくらんぼ(夏)】
  3. 冷房とまる高階純愛の男女残し 金子兜太【季語=冷房(夏)】
  4. 舟やれば鴨の羽音の縦横に     川田十雨【季語=鴨(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第73回】芥ゆかり

Pickup記事

  1. 【冬の季語】狐
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【17】服部崇
  3. 胎動に覚め金色の冬林檎 神野紗希【季語=冬林檎(冬)】
  4. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】
  5. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】
PAGE TOP