見てしまう

  1. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正

    一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜公木正「一瞬」と「長い夜」は対比的な時間のありようである。だが、この歌の時間の書かれかたはもう少しやわらかい。「一瞬」という短い、その出来事が凝縮さ…

おすすめ記事

  1. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】
  2. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】
  3. 【夏の季語】母の日
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【15】服部崇
  5. 【秋の季語】立秋

Pickup記事

  1. 眼のなれて闇ほどけゆく白牡丹 桑田和子【季語=白牡丹(夏)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  3. あり余る有給休暇鳥の恋 広渡敬雄【季語=鳥の恋(春)】
  4. 天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮【季語=天高し(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第34回】鈴木琢磨
PAGE TOP