触れる

  1. 馴染むとは好きになること味噌雑煮 西村和子【季語=雑煮(新年)】

    馴染むとは好きになること味噌雑煮西村和子(『かりそめならず』) 新年を迎えると毎年起こる雑煮論争。大まかにいえば、醤油派か味噌派か。関東は、醤油のすまし汁に焼いた角餅を入れる。対して関西では、白味噌…

  2. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】

    息触れて初夢ふたつ響きあふ正木ゆう子(『水晶体』) どんな…

  3. 永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城【季語=永き日(春)】

    永き日や相触れし手は触れしまま日野草城(『昨日の花』) 俳…

おすすめ記事

  1. 服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロース(冬)】
  2. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【15】服部崇
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第4回】菊田一平
  5. 【春の季語】夕桜

Pickup記事

  1. どこからが恋どこまでが冬の空 黛まどか【季語=冬の空(冬)】
  2. ぽつぺんを吹くたび変はる海の色 藺草慶子【季語=ぽつぺん(新年)】
  3. 貝殻の内側光る秋思かな 山西雅子【季語=秋思(秋)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第52回】 新宿と福永耕二
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」ほたるいかの酢味噌和え
PAGE TOP