距り

  1. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】

    もう逢わぬ距(へだた)りは花野にも似て澁谷道(『縷紅集』) 9月の頃にとある高原を訪れたことがある。ロープウェイで八合目まで登ると湿原が広がり、高山植物が群生していた。地上では見かけることのない、白…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】向日葵
  2. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】
  3. をどり字のごとく連れ立ち俳の秋 井口時男【季語=秋(秋)】
  4. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(9)/干場達矢さん

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年4月分】
  2. 卒業歌ぴたりと止みて後は風 岩田由美【季語=卒業歌(春)】
  3. 赤福のたひらなへらもあたたかし 杉山久子【季語=あたたか(春)】
  4. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】
  5. 凍る夜の大姿見は灯を映す 一力五郎【季語=凍る(冬)】
PAGE TOP