農薬

  1. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】

    農薬の粉溶け残る大西日井上さち農薬散布が終わり、これで一日の仕事が片付いた。そしてふと粉剤を溶かしていた容器の底を見ると、完全には溶けきらなかった粉が残っていることに気づいたのである。よく混ぜたつも…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】毛糸編む
  2. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子
  3. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第56回】 白川郷と能村登四郎
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」鰆のエスカルゴバター焼き

Pickup記事

  1. 【夏の季語】クーラー
  2. じゆてーむと呟いてゐる鯰かな 仙田洋子【季語=鯰(夏)】
  3. 晴れ曇りおほよそ曇りつつじ燃ゆ 篠田悌二郎【季語=躑躅(春)】
  4. 白梅や天没地没虚空没 永田耕衣【季語=白梅(春)】
  5. 祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
PAGE TOP