辻村麻乃

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第14回】辻村麻乃

    ほっとできる場所辻村麻乃(「篠」主宰)銀漢亭の噂は様々な俳人からお聞きしていましたが、行きたいと強く思ったのは伊藤伊那男さんから電車の中で声をかけられたのがきっかけです。その日は「玉藻」の主宰交代の祝賀会(…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第18回】谷岡健彦
  2. 【冬の季語】春待つ
  3. 【冬の季語】冬野
  4. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】
  5. 対岸の比良や比叡や麦青む 対中いずみ【季語=麦青む(春)】 

Pickup記事

  1. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】
  2. 【秋の季語】吾亦紅
  3. 【夏の季語】ごきぶり
  4. 太る妻よ派手な夏着は捨てちまへ ねじめ正也【季語=夏着(夏)】
  5. 【新年の季語】小正月
PAGE TOP