鉛筆

  1. 鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄【季語=春休み(春)】

    鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄春休みの気分がよく出ている句だと思う。誰かがデッサンでもしていたのだろうか。あるいは農の人が落としたか。春休みだから下校中の子供が落としたというのではなさそうだ。…

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#19
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第10回】写真と俳句のグループ展のこと
  3. 姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ 宇多喜代子【季語=夏木(夏)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第24回】近江と森澄雄
  5. 春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎【季語=春惜む・蝶々(春)】

Pickup記事

  1. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#3】
  2. 【書評】人生の成分・こころの成分――上田信治『成分表』(素粒社、2022年)
  3. 【秋の季語】新涼/涼新た 秋涼し
  4. 魚卵たべ九月些か悔いありぬ 八田木枯【季語=九月(秋)】
  5. 【春の季語】春の月
PAGE TOP