門の松

  1. 【新年の季語】門の松

    【新年の季語(1月)】門の松【ミニ解説】「正月」に門前などに立てられる松や竹を用いた正月飾りのこと。「」「門松」「松飾り」「飾り松」「立て松」とも。古くは、木の梢に神が宿ると考えられていたことから、…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第50回】望月周
  2. ポテサラの美味い雀荘大晦日 北大路翼【季語=大晦日(冬)】
  3. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  4. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】
  5. 父の日やある決意してタイ結ぶ 清水凡亭【季語=父の日(夏)】

Pickup記事

  1. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【15】/上野犀行(「田」)
  3. 七十や釣瓶落しの離婚沙汰 文挾夫佐恵【季語=釣瓶落し(秋)】
  4. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】
  5. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】
PAGE TOP