1. 橘や蒼きうるふの二月尽 三橋敏雄【季語=二月尽(春)】

    橘や蒼きうるふの二月尽三橋敏雄小池光の歌集『日々の思い出』(雁書館・1988)を読んでいると、「佐野朋子のばかころしたろと思ひつつ教室へ行きしが佐野朋子をらず」や「真昼間の寝台ゆ深く手を垂れて永田和…

おすすめ記事

  1. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#11】異国情緒
  2. 【春の季語】朧夜
  3. 妹は滝の扉を恣 小山玄紀【季語=滝(夏)】
  4. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】
  5. 【夏の季語】夏の蝶

Pickup記事

  1. 【冬の季語】八手咲く
  2. 女に捨てられたうす雪の夜の街燈 尾崎放哉【季語=雪(冬)】
  3. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第113回】佐古田亮介
  5. あとからの蝶美しや花葵 岩木躑躅【季語=花葵(夏)】
PAGE TOP