隠れ

  1. 大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太【季語=大寒(冬)】

    大寒の一戸もかくれなき故郷飯田龍太(『童眸』)大寒といえば、まず俳句ではこの句がうかぶ。第二句集『童眸』の冒頭に置かれ、飯田龍太の代表句の一つとされているらしい。しかし、なんでこの句がそんなにいいの…

おすすめ記事

  1. 冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】
  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#03】Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
  3. 秋櫻子の足あと【第11回】谷岡健彦
  4. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて
  5. 【春の季語】雛祭

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】
  2. 【夏の季語】夜の秋
  3. こんな本が出た【2021年3月刊行分】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第40回】青木亮人
  5. 【冬の季語】冬木の芽
PAGE TOP