隠岐

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第57回】 隠岐と加藤楸邨

    【第57回】隠岐と加藤楸邨広渡敬雄(「沖」「塔の会」)隠岐は、島根半島北方50キロの日本海にあり、島前(どうぜん)(知夫里島・西ノ島・中ノ島)、島後(どうご)の計180余の島からなる。古来より遠流の…

  2. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】

    隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな加藤楸邨(『雪後の天』1943年 交蘭社)…

おすすめ記事

  1. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  2. 【春の季語】魚氷に上る
  3. 【冬の季語】浮寝鳥
  4. ひよんの実や昨日と違ふ風を見て   高橋安芸【季語=ひよんの実(秋)】
  5. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子

Pickup記事

  1. 鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子【季語=余寒(春)】
  2. 【秋の季語】秋高し
  3. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】
  4. 仔馬にも少し荷を付け時鳥 橋本鶏二【季語=時鳥(夏)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年4月分】
PAGE TOP