雛罌粟

  1. 紀元前二〇二年の虞美人草 水津達大【季語=虞美人草(春)】

    紀元前二〇二年の虞美人草水津達大最近ぐんぐん暖かくなって、近所の雑草がいい感じに繁っている。街路樹の根元とか、中央分離帯とか、草の生えているところはどこも賑やかだ。フランスを代表する花は青い…

おすすめ記事

  1. 鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ 渡辺白泉【季語=カンナ(秋)】
  2. ひまわりと俺たちなんだか美男子なり 谷佳紀【季語=ひまわり(夏)】
  3. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第89回】広渡詩乃
  5. ふゆの春卵をのぞくひかりかな 夏目成美【季語=冬の春(冬)】

Pickup記事

  1. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  2. 【秋の季語】銀漢
  3. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】
  4. 【冬の季語】落葉
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」パテ・ド・カンパーニュ
PAGE TOP