静かに

  1. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏

    スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学永田和宏『新・百人一首 近現代短歌ベスト100』(岡井隆ほか・文春新書)では、「美し」を「うつくし」と読んでいる。定型に合わせて「はし」と読ん…

おすすめ記事

  1. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】
  2. 【新年の季語】正月
  3. 冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】
  4. 牛乳の膜すくふ節季の金返らず 小野田兼子【季語=節季(冬)】
  5. ひきだしに海を映さぬサングラス 神野紗希【季語=サングラス(夏)】

Pickup記事

  1. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】
  2. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】
  3. 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行【季語=胡桃(秋)】
  4. 【冬の季語】冬帽子
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#3
PAGE TOP