鞦韆

  1. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】

    鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし三橋鷹女(『白骨』) 〈鞦韆〉はブランコのこと。古代中国では、冬至の後105日目の日に乙女が鞦韆に乗って遊ぶ風習があった。唐代の漢詩では、春の景として詠まれている。…

おすすめ記事

  1. 夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】
  2. 梅咲いて庭中に青鮫が来ている 金子兜太【季語=梅(春)】
  3. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】
  4. 【第5回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:岡田由季さん)
  5. 【春の季語】春の月

Pickup記事

  1. 【夏の季語】額の花
  2. 一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥【季語=春惜しむ(春)】
  3. 鰡と鯊どちらにされるかを選べ 関悦史【季語=鰡(秋)・鯊(秋)】
  4. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】
  5. 【秋の季語】月
PAGE TOP