飛んで

  1. 大根の花まで飛んでありし下駄 波多野爽波【季語=大根の花(春)】 

    大根の花まで飛んでありし下駄)波多野爽波『骰子』見たままをただ書いたようなとぼけた味わいのある句だ。さらっと書かれているようで「大根の花」という日常に根差した慎ましい花に「下駄」というアイテムがよく…

おすすめ記事

  1. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 ブリニとタラマ
  2. 替へてゐる畳の上の冬木影 浅野白山【季語=冬木(冬)】
  3. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  4. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第5回】
  5. 【春の季語】菜の花

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第54回】倉田有希
  2. 花の影寝まじ未来が恐しき 小林一茶【季語=花の影(春)】
  3. 金魚屋が路地を素通りしてゆきぬ 菖蒲あや【季語=金魚(夏)】
  4. 【春の季語】屋根替
  5. 【秋の季語】朝顔
PAGE TOP