1. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】

    日蝕の鴉落ちこむ新樹かな石田雨圃子(いしだ・うほし)休み明けと同時に腰痛が出たりして、平日とは実に過酷なものですね。それでも、ときどきはいい風の吹く日があって、本当にその風にはいろいろの(わが家だと…

おすすめ記事

  1. 初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を【季語=初夢(新年)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第26回】千倉由穂
  3. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】
  4. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】
  5. とぼしくて大きくて野の春ともし 鷲谷七菜子【季語=春灯(春)】 

Pickup記事

  1. 毛皮はぐ日中桜満開に 佐藤鬼房【季語=桜(春)】
  2. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】
  3. 夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子【季語=夏みかん(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第73回】芥ゆかり
  5. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
PAGE TOP