鷲巣正徳

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳

    三人の師と銀漢亭の素敵な人々鷲巣正徳(「街」同人「豆の木」所属)私の20代、浅間山荘事件がテレビ報道されていた1972年、私は比較外国憲法学の樋口陽一准教授と出会いました。3年間のゼミを通して学問の核心がイデオロギ…

  2. 【書評】鷲巣正徳 句集『ダヴィンチの翼』(私家版、2019年)

    振り向かないということ:鷲巣正徳 句集『ダヴィンチの翼』(2019年)【「ワッシー…

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年8月分】
  2. 仕切り繰返す間も掃き五月場所 鷹羽狩行【季語=五月場所(夏)】
  3. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀
  5. 眼前にある花の句とその花と 田中裕明【季語=花(春)】 

Pickup記事

  1. 【冬の季語】蒲団(布団)
  2. 砂浜の無数の笑窪鳥交る 鍵和田秞子【季語=鳥交る(春)】 
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【17】/三代川次郎(「春耕」「銀漢」「雲の峰」同人)
  4. 妻のみ恋し紅き蟹などを歎かめや 中村草田男【季語=蟹(夏)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第2回】大磯鴫立庵と草間時彦
PAGE TOP