齋藤朝比古

  1. やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古【季語=蝸牛(夏)】

    やはらかきところは濡れてかたつむり()齋藤朝比古でんでん むしむし かたつむりお前のあたまは どこにあるつの出せ やり出せ あたま出せ(童謡「かたつむり」)んー、歌うのは久しぶり。こ…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】小鳥来る
  2. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】
  3. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】
  4. 【新年の季語】初句会
  5. 【春の季語】春の塵

Pickup記事

  1. 夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子【季語=夏みかん(夏)】
  2. 完璧なメドベージェワが洟を擤む 秋尾敏【季語=水洟(冬)】
  3. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  4. 蛤の吐いたやうなる港かな 正岡子規【季語=蛤(春)】
  5. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】
PAGE TOP