1895年生まれ

  1. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】

    針供養といふことをしてそと遊ぶ後藤夜半 外出するときにその理由を言い出しづらい時がある。若かりしころは、彼女と出かける、今であれば、パチンコに行く、馬券を買いに行く、いっぱい飲みに行く、そんなときに…

  2. 屋根の上に明るき空やパリの春 コンラツド・メイリ【季語=春(春)】

    屋根の上に明るき空やパリの春コンラツド・メイリ(スイス)(昭和29年)…

  3. 又の名のゆうれい草と遊びけり 後藤夜半【季語=ゆうれい草(夏)】

    又の名のゆうれい草と遊びけり後藤夜半「ゆうれい草」は銀竜草…

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#10
  2. 個室のやうな明るさの冬来る 廣瀬直人【季語=冬来る(冬)】
  3. 【春の季語】沈丁花
  4. 【書評】山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年9月分】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】水中花/酒中花
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第12回】高千穂と種田山頭火
  3. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第90回】矢野春行士
  5. めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男【季語=虹(夏)】
PAGE TOP