2023年没

  1. 海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美【季語=海市(春)】

    海市あり別れて匂ふ男あり秦夕美(『逃世鬼』)海市とは蜃気楼のことで、海面や地表近くの空気の温度差によって、光の屈折が起こり、遠くの船や景色が浮かびあがって見える現象である。普段は見えないものが見える…

  2. 五十なほ待つ心あり髪洗ふ 大石悦子【季語=髪洗ふ(夏)】

    五十なほ待つ心あり髪洗ふ大石悦子(『花神俳句館 大石悦子』)…

  3. ものゝふの掟はしらず蜆汁 秦夕美【季語=蜆汁(春)】

    ものゝふの掟はしらず蜆汁秦夕美(『雲 秦夕美句集』)掲句は…

おすすめ記事

  1. バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ 上田日差子【季語=バレンタインデー(春)】
  2. 【春の季語】朧夜
  3. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月16日配信分】
  5. 【冬の季語】クリスマスケーキ

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年8月分】
  2. ほととぎす孝君零君ききたまへ 京極杞陽【季語=時鳥(夏)】
  3. 初島へ大つごもりの水脈を引く 星野椿【季語=大つごもり(冬)】
  4. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】
  5. 【卵の俳句】
PAGE TOP