「京大俳句」

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第59回】 宇都宮と平畑静塔

    【第59回】宇都宮と平畑静塔広渡敬雄(「沖」「塔の会」)栃木市巴波川(うずまがわ)宇都宮市は、関東平野の中北部に位置し、東京より北に約百キロの栃木県の県庁所在地。古代は下野国、奥州街道の…

  2. 麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ 長谷川素逝【季語=麦からを焼く?】

    麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ長谷川素逝(橋本石火『長谷川素逝の百句』)…

  3. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男

    かなしきかな性病院の煙出鈴木六林男総武線で大久保を通過する…

おすすめ記事

  1. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  2. 百代の過客しんがりに猫の子も 加藤楸邨【季語=猫の子(春)】
  3. 革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】
  4. 【冬の季語】鮟鱇
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ

Pickup記事

  1. ジェラートを売る青年の空腹よ 安里琉太【季語=ジェラート(夏)】
  2. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第116回】入沢 仁
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年3月分】
  5. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】
PAGE TOP