「唐変木」

  1. ひそひそと四万六千日の猫 菊田一平【季語=四万六千日(夏)】

    ひそひそと四万六千日の猫菊田一平今日、七月十日は四万六千日。観世音菩薩の結縁日ということで、この日に観音様にお参りすると四万六千日分の功徳があるのだとか。四万六千日を年数に換算すると百二十六年。いく…

  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第52回】大和田アルミ

    土下座の件について大和田アルミ(「唐変木」編集人)「やってるかな」「だめだ…

おすすめ記事

  1. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年1月分】
  3. 花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ 星野麥丘人【季語=花ミモザ(春)】
  4. 寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり【季語=寒月(冬)】
  5. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)

Pickup記事

  1. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】
  3. ふんだんに星糞浴びて秋津島 谷口智行【季語=星糞(秋)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  5. 万緑やご飯のあとのまたご飯 宮本佳世乃【季語=万緑(夏)】
PAGE TOP