「椋」

  1. もの書けば余白の生まれ秋隣 藤井あかり【季語=秋隣(夏)】

    もの書けば余白の生まれ秋隣藤井あかり(『封緘』)日本人独特の美意識に「余白」というものがある、という紋切り型のものいいがある。そう言われるとなんかわかったような気になるやつで、絵画や書道などではよく…

  2. 浅春の岸辺は龍の匂ひせる 対中いずみ【季語=亀浅春(春)】

    浅春の岸辺は龍の匂ひせる対中いずみ))暦の上では春と言いな…

  3. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】

    さへづりのだんだん吾を容れにけり石田郷子囀(さえず)りは春…

  4. 暖房や絵本の熊は家に住み 川島葵【季語=暖房(冬)】

    暖房や絵本の熊は家に住み川島葵『三びきのくま』という絵本が…

おすすめ記事

  1. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】
  2. 橡の実のつぶて颪や豊前坊 杉田久女【季語=橡の実(秋)】
  3. コスモスのゆれかはしゐて相うたず      鈴鹿野風呂【季語=コスモス(秋)】
  4. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】
  5. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】

Pickup記事

  1. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】
  2. コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
  3. 氷上と氷中同じ木のたましひ 板倉ケンタ【季語=氷(冬)】
  4. 【夏の季語】水中花/酒中花
  5. 【連載】久留島元のオバケハイク【第3回】「雪女」
PAGE TOP