「澤」調

  1. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】

    しんしんと寒さがたのし歩みゆく星野立子「寒さ」という一般にネガティブに思えることさえも「たのし」としてしまうというところに、「生」を肯定するような姿勢が思われる。また、この「たのし」は、絶妙な措辞の…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  2. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第17回】丹波市(旧氷上郡東芦田)と細見綾子
  4. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】
  5. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年5月分】
  2. 【冬の季語】立冬
  3. 【春の季語】恋猫
  4. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  5. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】
PAGE TOP