「蒐」

  1. ひそひそと四万六千日の猫 菊田一平【季語=四万六千日(夏)】

    ひそひそと四万六千日の猫菊田一平今日、七月十日は四万六千日。観世音菩薩の結縁日ということで、この日に観音様にお参りすると四万六千日分の功徳があるのだとか。四万六千日を年数に換算すると百二十六年。いく…

  2. 「体育+俳句」【第1回】菊田一平+野球

    体育+俳句【第1回】春隣菊田一平(「や」「晨」「蒐」同人)…

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#6
  2. 暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり 鈴木六林男【季語=泳ぐ(夏)】
  3. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】
  4. 菜の花や部屋一室のラジオ局 相子智恵【季語=菜の花(春)】
  5. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】茸(菌)
  2. 大いなる梵字のもつれ穴まどひ 竹中宏【季語=穴惑(秋)】
  3. 品川はみな鳥のような人たち 小野裕三
  4. 紅葉の色きはまりて風を絶つ 中川宋淵【季語=紅葉(秋)】
  5. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】
PAGE TOP