「薔薇」

  1. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】

    鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし三橋鷹女(『白骨』) 〈鞦韆〉はブランコのこと。古代中国では、冬至の後105日目の日に乙女が鞦韆に乗って遊ぶ風習があった。唐代の漢詩では、春の景として詠まれている。…

  2. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】

    詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし三橋鷹女以前、何かの講演で、…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】夏の月
  2. 完璧なメドベージェワが洟を擤む 秋尾敏【季語=水洟(冬)】
  3. ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子【季語=梅雨(夏)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】
  5. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 

Pickup記事

  1. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第9回
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】
  3. 【夏の季語】鮎
  4. 【春の季語】春二番
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回
PAGE TOP