かいつぶり

  1. あひみての後を逆さのかいつぶり 柿本多映【季語=鳰(冬)】

    あひみての後を逆さのかいつぶり柿本多映(『蝶日』) 小倉百人一首の〈逢ひ見てののちの心にくらぶれば昔はものを思はざりけり 権中納言敦忠〉は有名な歌。現代でも共感する人は多いのでは。 平安時代…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】年惜む
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第98回】森羽久衣
  3. 他人とは自分のひとり残る雪 杉浦圭祐【季語=残る雪(春)】
  4. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】
  5. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】卒業
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽
  3. 【春の季語】囀
  4. わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹【季語=蝶(春)】
  5. 月かげにみな美しき庭のもの 稲畑汀子【季語=月影(秋)】
PAGE TOP