かたわら

  1. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】

    露草を持つて銀行に入つてゆく)飯島晴子 たまたま道端で摘んだ露草を持ったまま銀行に入っていったという程度の状況ではあろうが、露草が何か銀行で必要なものであるかのような、御伽噺的な雰囲気も漂う。「露」…

  2. 怒濤聞くかたはら秋の蠅叩 飯島晴子【季語=秋(秋)】

    怒濤聞くかたはら秋の蠅叩)飯島晴子 怒濤のとらえどころのな…

おすすめ記事

  1. 飯蛸に昼の花火がぽんぽんと 大野朱香【季語=飯蛸(春)】
  2. 【新年の季語】獅子舞
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【12】服部崇
  4. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん

Pickup記事

  1. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】
  2. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
  3. 麦よ死は黄一色と思いこむ 宇多喜代子(無季)
  4. さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】
  5. 【#46】大学の猫と留学生
PAGE TOP