かや

  1. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】

    九十の恋かや白き曼珠沙華文挾夫佐恵(『青愛鷹』) 若い頃は、死ぬまで恋をしていたいと思っていた。だから、老いらくの恋にも憧れた。一人の男性に拘らず、沢山の人と出逢い恋をしたいと願っていた。ところが、…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】白菜
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第1回】吉野と大峯あきら
  3. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目
  5. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】

Pickup記事

  1. 【新年の季語】春の七種(七草)
  2. すばらしい乳房だ蚊が居る 尾崎放哉【季語=蚊(夏)】
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇
  4. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第103回】中島三紀
PAGE TOP