こすれる

  1. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】

    こすれあく蓋もガラスの梅雨曇上田信治アメリカには〈梅雨〉が無い。日本を思いつつ今週も〈梅雨〉の句を。今週は〈梅雨曇〉。先週の〈梅雨〉の句とはまた違った味わいで魅力的。とても感覚の効いた句で、…

おすすめ記事

  1. 結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子【季語=団栗(秋)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年12月分】
  3. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】
  4. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  5. 【夏の季語】向日葵

Pickup記事

  1. 靴音を揃えて聖樹まで二人 なつはづき【季語=聖樹(冬)】
  2. 麦真青電柱脚を失へる 土岐錬太郎【季語=青麦(夏)】
  3. 東京に居るとの噂冴え返る 佐藤漾人【季語=冴え返る(春)】
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯
  5. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】
PAGE TOP