さしあたり

  1. さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子【季語=鵆(冬)】 

    さしあたり坐つてゐるか鵆(ちどり)見て)飯島晴子ち‐どり【千鳥/鵆】が冬の季語になっているのは、寂しい冬の海辺の風情に合うということから、万葉集の頃から多く詠まれてきた、という文学的な理由からであり…

おすすめ記事

  1. さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子【季語=鵆(冬)】 
  2. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 パン・デピス
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#15
  4. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】
  5. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】

Pickup記事

  1. 秋灯机の上の幾山河 吉屋信子【季語=秋灯(秋)】
  2. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】
  3. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
  4. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年6 月分】
PAGE TOP