そこい

  1. 花散るや金輪際のそこひまで 池田瑠那【季語=花散る(春)】

    花散るや金輪際のそこひまで池田瑠那映画やテレビの世界では間断なくタイムトラベルが行われている。もはや突飛な発想とは言い難い「あるある」な設定だ。そうした作品に出会うたび、過去に戻って自分に忠…

おすすめ記事

  1. 桔梗やさわや/\と草の雨     楠目橙黄子【季語=桔梗(秋)】
  2. 【毛の俳句】
  3. 【新連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第1回
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第114回】中村かりん
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月27日配信分】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】咳
  2. 【冬の季語】毛糸編む
  3. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【8】/金井硯児(「銀漢」同人)
  5. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】
PAGE TOP