たなごころ

  1. のこるたなごころ白桃一つ置く 小川双々子【季語=白桃(秋)】

    のこるたなごころ白桃一つ置く小川双々子(『小川双々子全句集』1990年)第三句集『くろはらいそ』所収の句。状況の情報がないとよくわからない句である。「のこる」と形容された「たなごころ」はどこか物質的…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第9回】伊勢と八田木枯
  2. 【秋の季語】良夜
  3. 【新年の季語】歌留多会
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年5月分】
  5. しばらくは箒目に蟻したがへり 本宮哲郎【季語=蟻(夏)】

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」コック・オ・ヴァン
  2. マンホール出て蝙蝠となる男 小浜杜子男【季語=蝙蝠(夏)】
  3. 深追いの恋はすまじき沈丁花 芳村うつぎ【季語=沈丁花(春)】
  4. 【春の季語】流氷
  5. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
PAGE TOP