ために

  1. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】

    啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ磯貝碧蹄館(『道化』)浅蜊は、春の季語である。桜貝が海辺を染める頃より採られ始める。母方の実家が茨城県の大洗近くであったため、ゴールデンウイークには潮干狩に出掛けた。ま…

  2. 寒卵良い学校へゆくために 岩田奎【季語=寒卵(冬)】

    寒卵良い学校へゆくために岩田奎『膚』掲句の「学校」とは、果…

  3. 鶴の来るために大空あけて待つ 後藤比奈夫【季語=鶴来る(秋)】

    鶴の来るために大空あけて待つ)後藤比奈夫10月2日、土曜日…

おすすめ記事

  1. もし呼んでよいなら桐の花を呼ぶ 高梨章【季語=桐の花(夏)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」卵のココット
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第27回】熊本・江津湖と中村汀女
  4. 【春の季語】復活祭
  5. 【特別寄稿】これまで、これから ーいわき復興支援の10年ー山崎祐子

Pickup記事

  1. 遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子【無季】
  2. 【冬の季語】漱石忌
  3. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】
  4. 【春の季語】鳥の妻恋
  5. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】
PAGE TOP