どこ

  1. どこからが恋どこまでが冬の空 黛まどか【季語=冬の空(冬)】

    どこからが恋どこまでが冬の空黛まどか(『くちづけ』) 〈輝く白い 恋の始まりは とてもはるか 遠く昔のこと〉と歌ったのは華原朋美(「I BELIEVE」作詞作曲:小室哲哉)である。恋の始まりは、いつ…

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年9月分】
  2. フラミンゴ同士暑がつてはをらず 後藤比奈夫【季語=暑し(夏)】
  3. 呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々【季語=雪(冬)】
  4. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】
  5. 【書評】日下野由季 第2句集『馥郁』(ふらんす堂、2018年)

Pickup記事

  1. 直立の八月またも来りけり 小島健【季語=八月(秋)】
  2. Tシャツに曰くバナナの共和国 太田うさぎ【季語=バナナ(夏)】
  3. 愛かなしつめたき目玉舐めたれば 榮猿丸【季語=冷たし(冬)】
  4. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】
  5. コンゲツノハイク(結社推薦句)【5月31日締切】
PAGE TOP